先輩からのメッセージ 事務職 Kさん 「仕事」・「家族」・「自分」。3つの柱の充実を目指して

大切にしたい3つの柱

3つの柱とは「仕事」・「家庭」・「自分」です。
私が担当している総務という分野は、仕事の幅がとても広く、さまざまな仕事が突然発生することがありますが、現場の第一線で活躍している社員の働く環境をより良いものにしていくことが、総務の仕事だと思って対応しています。私が受け持つ担当の一つに、社長・役員の秘書業務があります。社長や役員が仕事に専念できるよう、補佐役としての気配りを心掛けています。一方で、与えられた情報の中から最善の対応を提案する工夫など、仕事の中に楽しみを見出しながら務めています。
次に「家族」と「自分」ですが、仕事をしていると家族との時間はどうしても限られたものになりますが、特に繁忙期などは家族の協力を得られていることにとても感謝しています。家庭を持つ女性なら誰でも、家族に申し訳なく思う気持ちとの葛藤があります。だからこそ、仕事と家庭の両立を目指して、やるべきことの優先順位をつけるよう意識しています。

仕事と家族を両立させるためのエネルギー源

「げんぼう」には、共に働く上司や先輩、仲間を大切にする温かい社風があり、真面目で一生懸命仕事に励む文化もあります。また男女問わず、仕事と家庭の両立に対する理解や応援、女性が職場で活躍できるための制度などもあり、個々の能力をより活かすことのできる働きやすい職場であると感じています。
休日は、時間をみつけて大好きな山に行ったりしながら、自分らしくいられる時間を持つことで、仕事や家庭でも心身ともに健康で、笑顔でいられると考えています。私にとって「げんぼう」で働く人々や職場環境は、仕事や家族を両立させるためのエネルギー源になっています。