先輩からのメッセージ 防護要員 Sさん 目標は、「目標とされる人」になること。

高校球児から防護要員へ。

高校時代は野球部でピッチャーでした。但し甲子園に手が届くというレベルではなかったので、練習もそれなりにやっていたように思います。部活を引退して初めて後悔しました。もっと素振りをしていれば、もう少しランニングをしていれば…と。
もう二度とそんな後悔をしたくないという気持を持って、全力を尽くせる仕事に就きたいと思い、防護要員になりました。研修で初めて現場を見たときは、スゴく緊迫感のある雰囲気で、正直「カッコいいな!」と思いましたね。

この仕事は、一日何もないのがベスト。

警備というのはトラブルを未然に防ぐことが仕事です。一日何も起こらないのがベストで、そのため私たち防護要員には常に万全を期すことが求められます。大事なのはチームワーク。野球と同じで誰かが少しでも手を抜いたり気持を緩めたりすると、チーム全体に影響が及びます。
この仕事は自分一人ではできないので、自分が任された場所に対する責任感を強く持っていますが、常に声かけを心掛け、仲間同士の連携にも気を遣っています。

人材ではなく、人財。

「げんぼう」は、人を大事にしてくれる会社だと思います。会社のポリシ−、『社員は人材ではなく、“人財”だと考えている』という言葉を聞いて、とても感動しました。実際に私たち防護要員一人ひとりも、会社の財産として大切にしてもらっているように感じます。
新人の頃、ある上司から仕事に対する向き合い方や姿勢を教えてもらいました。私はずっとその人を目標にして仕事を続けてきたので、自分もいつかはそういう存在になれればと思っています。後輩の目標になるのが私の目標です。