ご挨拶

当社は、日本で初の原子力発電所を中核とした原子力関連施設の安全を守る専門会社です。高度なセキュリティシステムと、卓越した防護要員の力で、国内外の脅威から安全を守り、テロなどを未然に防いでいます。また同時に、日本のエネルギー源を守ることで社会に貢献するという使命を果たしています。

2001年9月11日に発生したアメリカ同時多発テロ、2011年3月11日に発生した東日本大震災など、国の存続を問いかける事件や災害が相次いで起き、原子力産業界はいま大きな試練に直面しています。
その中で当社は、社会的使命を果たすべく、原子力発電所の警備システム・人的警備に係るサービスの供給を行ってきました。

これからもお客様からの多様なニーズに応えるべく、技術及び人材のさらなる高度化を図り、原子力産業の一員として、その下支えに邁進していく所存です。

日本原子力防護システム株式会社
代表取締役社長 合澤 和生